高血圧

~病院からの薬で不安な方へ~

こんな症状でお悩みの方、お越しください。

血圧が高くて妊娠には危険を伴うと言われた・・・

高血圧が男性不妊の原因かもしれない・・・

朝は血圧普通なのに、夜だけ180-100もある。病院は大丈夫と言うけど心配・・・

高血圧とは【官庁サイトから引用】

 心臓が収縮して血液を押し出 した瞬間は、血管にいちばん強く圧力がかかる。これが収縮期血圧(最高血圧)なんだよ。そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときには、圧力が いちばん低くなる。これが拡張期血圧(最低血圧)だ。収縮期血圧と拡張期血圧のどちらが高くても、高血圧というんだよ。


 水道のホースに水を流すとき、水を多くすれば、ホースはぴんと張りつめた状態になるね。これが、高い水圧がホースにかかっている状態だ。また、どこかで ホースを押えつけて通りにくくすれば、水の量は少なくても、そこからうしろのホースはやはり張りつめた状態になるよね。これと同じように、血圧も、心臓が 送り出す血液の量(心拍出量)と、それを流す血管の通りづらさ(末梢血管の抵抗)とで決まってくるんだよ。


大部分は原因がはっきりとはわからない

 では、どうして高血圧が起こってくるかというと、さまざまな原因があるんだ。そのなかではっきりと原因がわかる高血圧を二次性高血圧(症候性高血圧)というんだけど、これは全体の1割もないんだ。


 日本人の高血圧の大部分は原因が特定できない高血圧で、これを本態性高血圧と呼んでいるんだ。つまり、どんな検査をしてもはっきりとした原因が見つからない高血圧、二次性高血圧ではない高血圧が、本態性高血圧なんだよ。


高血圧特有の自覚症状はない

 高血圧になったらすぐにわかるといいんだけど、自覚症状はほとんどといっていいほどないんだよ。人によっては、高血圧と診断される直前から肩こりがひど くなったとか、頭痛がするようになったとかいう人がいるけれど、これも高血圧の特有の症状ではないから、症状だけで高血圧を見つけることはできないよね。


 そのため、定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しい。健診を受けていれば早めに発見できるけどね。


 また、せっかく定期健診で早いうちに発見できて、「血圧が高いから、精密検査を受けるように」といわれても、自覚症状がないからと放置する人が、実際にいるんだね。もったいないことだ。


 放置すると、血管が硬くなる動脈硬化になったり、のちに虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの発作を起こすおそれがあるんだよ。これらが命にかかわる病気だということは、知っていますね。


 日本人には高血圧の人がとても多くて、約781万人もの人が治療を受けている。だからかえって、あまり危険な状態だという意識はないかもしれないね。だ けど、症状がほとんどないままに、長年かかってひそかに血管を蝕んでいくんだ。そのため「サイレント・キラー」とも呼ばれる、おそろしい病気なんですよ。

(以上、厚生労働省サイトから抜粋)

 

東洋医学ではどう考えるの?

 東洋医学では、内臓のうち、大きく関与するのは、血液を貯蔵している肝の臓と力強く押し出しているポンプとしての心臓が中心ですが、肺と脾と腎も原因となることが多いので、全身的に気の滞りが生じ筋肉である血管が緊張することが、この本態性高血圧といわれるものの原因だといえます。

 

 しかし、この比重がどこに一番メインで起こっているかを調べていくことが非常に大事となります。

 

 その際に脈診と舌診が非常に重要な意味を持ってきます。そして空間論という気の停滞がどの方向(前後左右上下)にあるかも大事です。

 

 人間の気の滞りというものは、打撲やけがでも起こりますし、心身疲労や感情のもつれでも起きます。それらを意識して細かく考えつつ、ざっくりと捉えていく、綿密に原因は聞いて、把握して大きくバランスをとる、そういう考え方が必要です。

 

 降圧剤の弊害は精神疾患、神経疾患、循環器、消化器系までに及び確実に肝臓への負担を多くしています。薬で血圧を抑えている方、大勢いると思います。 降圧剤はそれだけ強い作用の薬ですから、急に止めると良くないのですが、鍼灸治療と併用するのなら体質を改善して降圧剤を減らし徐々に服用しなくても血圧を下げる事が可能です。


患者さまから喜びの声を頂きました

血圧が徐々に下がってきて、今は正常な血圧の範囲内にまで落ちています。

アルドステロン症による二次性高血圧で手術を勧められていた患者様よりメールで喜びの声を頂きました。


 2年前より高血圧に悩まされており、昨年末に専門の病院に診てもらったところ、二次性高血圧【アルドステロン症】と診断されました。副腎は2個あるので手術で片方を取ることを勧められました。その後、色々調べましたが、副腎を片方取るとこのホルモン以外の分泌にも影響する可能性があるため、手術は避けたいと考えました。

 

 インターネットで検索しているとやわらぎ治療院が見つかり、会社が江坂だったため、近いから行ってみようと思いました。

 

 最初は針治療に医学的な根拠はあるのかと半信半疑でしたが、針を打つと気が解放された感じで、打つたびに短時間ですが、深い眠りに入りました。結果的に血圧が徐々に下がってきて、今は正常な血圧の範囲内にまで落ちています。かなり体も楽になり、体調も良いです。西洋医学では問題のある部位を局所的に除去しますが、東洋医学は病気の根本から治していくことを身をもって体験しました。内臓疾患に強い中島先生の治療は信頼できると思いますので、ためらっている方は一度受信なさってください。

 

その他様々な症状から回復された患者さまの声は

こちらから参照いただけます。




どうやって治療するの?

 当院は、鍼灸専門治療院です。その他の手技や整体・マッサージなどは行わず鍼と灸だけで治療して行きます。

 

鍼って痛いんですよね・・・怖いです・・・

 鍼は一般の鍼灸院で用いる鍼管を全く用いないのでチクリともせず、患部に非常にソフトに刺入することを可能にしました。これにより、3~5歳くらいの痛みに敏感なお子様でも安心して鍼を受けることができます。

 

 鍼管を使うと、「チクチクして不快な感じがする」と鍼の苦手な方は敬遠されることが多く、また、鍼と皮膚の接触の微妙ななじませ合いが出来ずに治療もうまくいかない最大の原因が生じるので当院では開業時から使用していません。

 

 なお、当院ではすべてディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しています。

 

たくさん鍼を打たれるんじゃないかと不安です・・・

 一般の鍼灸院では、確かにやたらと鍼をうちますね。全身療法だと言って身体全身に打つことを良かれとしていますが、

 

 当院では全く異なる考えで治療をしていますので、鍼は基本1か所です。多くて2か所。急性の病や熱発していて身体が元気な場合には、その場合だけ5~6か所に治療する場合もあります。

 

お灸は熱そうだし痕になりそうで・・・

 灸は、一般の治療院では灸点紙というものや、温灸を使って治療するところが多いのですが、治療効果はやはり直接施灸する場合にかなり劣ります。

 

 それでも良ければ、温灸による施灸も選択肢としてありますが、ご自分で施灸する場合にはお勧めしますが、当院での治療は基本的に直接灸です。

 

 ただし、米粒の半分の大きさでチクっとするくらいの刺激です。一瞬で終わりますので安心です。痕がやや残ることはありますのですが、ほとんど足か腰部の目立たないところなのです。

 

 温灸か直接灸かは相談の上となります。

 

治療費(消費税別)

 初診時には初診料4,000円が別途かかります。 

 高校生以上  6,000円

 中学生以上  5,000円

 小学生以下  4,000円

 乳幼児    3,000円

 初めての方無料→『医者も推薦する東洋医学の人間ドック』

 

診察時間

火曜・日曜定休

日/祝
10:00~13:00 × 祝日△
16:00~20:00 ×

初診

のみ

15時

まで

 

祝日は お電話 でお確かめください。

 

 

 

 

 

 

 

 

初診の受付日時について

 当院は初診に要する時間は2~3時間ほどかかります。そのため完全予約制を取らせていただいております。

 

 大変申し訳ありませんが、現在、大変混み合っており、初診の時間を限定させていただいております。

 

 そのため初診のご予約が取り難い状況となっております。

予約が満杯の場合、最大4週間先まで予約が取れないこともあります。

 

 御予約の際にはお早めの連絡をお待ちしています。

現在以下の曜日のみ初診を受け付けております。

 

 一日一人限定です。

月曜日 10時 16時 18時

木曜日 10時 16時 18時

金曜日 10時 16時 18時

土曜日 10時

 

予約方法

 受話器を取って、0661925515へお電話します。受付スタッフが「はい、やわらぎ江坂治療院です。」と応対します。

 

 「予約を取りたいのですが」とおっしゃってください。お名前と症状、予約希望を第3希望までお伝えください。

 

 お電話ではいかなる場合でもまず最初に、症状を詳細にお聞きし、その後ご質問にお答えします。その旨ご了承ください。

 

電話してから当日来院するまでの流れ

 お電話されてから、当日来院するまでに今までにお飲みになっているお薬があれば書き留めていただきます。

 

 また、服用の漢方薬や健康食品などもわかる範囲で書き留めてください。ただし緊急の場合には、すぐに来院いただけます。

 

 重度な症状の場合は詳しくカルテに記載いただきますので、前もってお越しになってカルテを渡す郵送いたします。

 

 ご記入くださって当日お持ちください。

 

アクセス方法

 お越しの際、当院には看板がマンションの外にはありません。当マンション周辺の地図を良くご確認のうえ、お越し下さい。

 当マンションの目印は阪神タイガースの串かつ甲子園さんの看板です。

 

 お車でお越しの場合、駐車場はコインパーキングのみとなります。下の地図を参照ください。


 自転車でお越しの際は、地図上黄色のコインパーキングや東急ハンズの駐輪場は2時間まで無料です。マンション前は気をつけて置いてください。


 何か不明な点がございましたら、お電話でご確認ください。

やわらぎ江坂治療院

地下鉄御堂筋線江坂駅徒歩2分  

大阪府吹田市江の木町2-5江坂グランドハイツ北108

電話番号 06-6192-5515

営業時間 定休日 日祝火(木曜日午後は初診のみOK) 

10時から13時、16時から20時まで(土曜日は15時まで)

詳細なアクセス方法はこちらをご参照ください。