パーキンソン病(右手右足のふるえ・肩こり)の症例

初診日

平成21年9月5日

患者

女性 60歳 150センチ 52kg 既婚  工場勤務

主訴

パーキンソン病 (右手右足ふるえ、右肩こり)

病歴

*10数年前 細かいものを良く見る立ち仕事をやめて2、3年後から目が乾燥するようになった。
*4年前左足を骨折した後になり、右手右足のふるえ、右肩こりがおこる。パーキンソン病と診断される。
*ここ1年 疲れやすく眠りにくい。午後になると右側の足がふんばりきかなくなり、左足でふんばるので力が入る。

診断

元来気を使う方でストレスを溜めやすいこともあるが、目を良く使う仕事であり、気が停滞したことが長引いてさらに相対的に血の不足が生じ、肝鬱気帯・となり、胆経の経絡の不通を生じて手足の震えが生じた。

治療

1回の治療で少数ツボ(百会、照海、太衝、後谿)などを選び適宜刺針した。

その他の症状

高校生時代から便秘。疲れやすく冷え性。目の乾燥も気になる。睡眠時間は3~4時間と短い。爪が割れやすい。2~3年前から白髪が増え、パサツクようになった。生理の量は少ないが、粘ったかんじ。
○服用中の西洋薬・手のふるえや、筋肉のこわばりを緩和するもの2種類・痛み炎症を鎮めるもの1種類・便秘を和らげるもの1種類・胃を和らげるもの1種類

経過

初診日 百会・照海
2診目 9月9日 便通がよくなった。照海
4診目 肩こりだいぶましになる。照海
7診目 ふるえがましなかんじがする。後谿
10診目 睡眠がとれるようになる。百会
16診目 右手の力が入ってくる。大衝
21診目 腰の痛みなくなった。照海
22診目 足のふるえましになる。大衝 百会

現在の状態

手足のふるえ・肩こりはだいぶしになり夕方仕事が忙しいと悪化するが平常時では10(初診時)→3(現在)、主訴以外の便秘と不眠も同様に改善している。現在も週に2回療養中である。


院長からのコメント

 

   パーキンソン病の中でもこういう風に骨折などによって一部分に強く気が滞ることによっても発症の引き金になります。

 

   この方の場合良く右手を使う仕事をされ ていまして、非常にお仕事に差し支えがあったのですが、治療を続けて行くうちに夕方の疲れがたまる頃以外はあまり出ないというように変化しています。

 

   まだ まだ働き盛りのお年ですので、楽しんで仕事をしてくださいと伝えています。まだまだお気持ちを若く持ってお仕事以外にも楽しみを持っていただけるとますま す良くなると思います。

診療時間

火曜・日曜定休

日/祝
10:00~13:00 × 初診のみ
祝日△
16:00~20:00 ×

初診のみ

15時まで

 

祝日は お電話 でお確かめください。

 

 

 

 

 

 

 

アクセス

やわらぎ江坂治療院  

地下鉄御堂筋線江坂駅徒歩2分  

大阪府吹田市江の木町2-5江坂グランドハイツ北108

電話番号 06-6192-5515

営業時間 定休日 日祝火(木曜日は初診のみOK) 

10時から13時、16時から20時まで(土曜日は15時まで)

詳細なアクセス方法はこちらをご参照ください。