「他人を大切にしたいなら…まず自分が大事」

自分自身を大切に

 

こんな話がある…

 

全身に大やけどを負った少年が、
自分はもうすぐに死ぬんだと、
考えながら、病院の集中管理室で過ごしていた。

 

だから何をしても仕方がないと思い、
生きようと思う希望も持たず、
ただ、ベッドで死ぬ日を待っていた。

 

そこに、学校から先生が訪れたのだ。

そして、彼に国語とかを教え始めた。

 

 

彼はその日から、変わり始めた。
彼はこう考えた。

 

もし、僕がもうすぐに死ぬのなら、
先生は、わざわざ病院まで来て、
ぼくに勉強を教えたりはしないと。

 

その日から、彼の病状は、
見る見る良くなっていった。

 

ドクターや、看護士からの注意を良く守って、
よく食べ、性格も明るくなっていったのだった。

 

言い換えると、
自分に、関心を持ち始めたのである。

 

そうすると、一緒にいる病室の人たちが、
よく見えてきた。
苦しそうにしているのが、
見えてきた。

 

そして、優しい言葉を彼らにかけることが、
できるようになった。

 

そうです。みんなで幸せに暮らすために、
まず私たちは、
自分自身のことに、
関心を払うことが大切なのだ。

 

私たちが幸せでいれば、
まわりの人も、幸せになるのだ。

 

 

 

「まず自分自身を大切にしなければ、
どんなことも、
また何人をも大切にすることはできない」

 

私の経験からも、
自分自身を大切にし始めると、
より健康で、幸せになると断言できる。

 

そうなってこそ、
ほかの人々を、
もっと、助けることができるようになる。

 

なぜなら、もし、私たちが不幸せで、
気が滅入っていると、
自分自身に対しても、ほかの人に対しても、
周囲の事柄に対しても、
関心を示さないから。

 

自分自身に関心を示さず、
大切にしない人は、
他の人にも、良くない存在になると思う。