2015年

8月

07日

8/2気を出す生き方講座 夏バテ熱中症の予防法の報告



本日も、大変暑い大阪でした。最高気温37℃くらいでしょうか。最低気温も27℃で非常に寝苦しい日が続いているので、そろそろ夏バテ・熱中症は要注意になってきました。


私は家でも、クーラーはほとんどつけない方なのですが、夜はつけなくても寝ていたのです。しかし、汗が大量に出て毎日全部変えるので、うちの者がそろそろエアコンつけてとうるさいので、まあ、つけてみようと実験しています。

リビングのエアコンも、ずいぶん使っていなかったようで、うちの者が久しぶりにつけたところ壊れていて、料理の最中に熱中症になってもいけないので、本日購入しました。やはりリビングにも必要な時期になったようです。


このように年々気温が高くなっている現代なので、本日のテーマは夏バテ・熱中症対策です。


今回は、根本的な原因である食の改善が必要な症状なので、気の食養生から講義をしました。
食べると夏バテ・熱中症になりやすい食べ物として、具体的に理由と食べ方、参加者一人一人にどのように工夫されているか、どうしても身体に悪い影響を与えるものを摂ってしまう場合に、どうしたらいいか、たくさんの水を摂るにはどのような工夫をしたらいいか、などなどを質問し質問に答えての講義になりました。

参加者の方からは、「いつも持ち歩いている水が、500ccから1リットルに変わりました」「パーティや人の集まるところに行くことが多いとなかなか食養生ができませんー」「食養生は出来ているのですが、身体の調子が安定しません」「睡眠不足のためにいい解消法を教えてください」などの質問や感想が出ていました。

睡眠不足解消には、気のストレッチが一番なのです。

気のストレッチでは、熱中症や夏バテの原因である体内にこもった熱の原因のうち、食養生で食べ物による影響を極力排除した結果残った精神的なストレスによる筋疲労の影響を解消していきます。


参加者の方からは、「目にも効果があるよく眠れるストレッチを教えてもらい、とても効果を実感したので実践していこうと思います。」「このやり方は初めてだったのでとても新鮮でした。寝る前にやれば、すごく良く寝付けそうです。」というような感想を頂きました。

このストレッチのヒントは、古来日本人が続けてきた正座にあります。特に足の親指を重ねることにとても意味があるのです。足の親指には大事なツボがあります。それを効果的にストレッチする方法をお伝えしました。


なかなか、暑さが続くと継続するのがおっくうになってしまう気のストレッチですが、次のような効果があります。

①睡眠が良く取れる。
②食欲が出てくる。
③便通が良くなる。

この結果、夏バテ防止・熱中症予防はもちろん、ダイエットにも非常に効果があります。

その他

④気持ちが落ち着き、リラックス出来る。
⑤気持ちが前向きになり、鬱病解消にも役立つ。

他にもたくさんあり、美肌効果や、冷え性改善、腰痛首肩コリ改善、膝など各関節の痛みなどにも効果があります。


気持ちと体操の講座では

忍びのような、気配を消した歩き方、おおらかで開放感にあふれた歩き方、普通に歩いた場合などを比べてもらうことをお伝えしました。

この暑さの中、いかに気を出して歩くかがキーポイントなんですが、食養生がきちんと出来ていないと、なかなか少し歩くだけでもばててくるので、まずは食養生とストレッチからやって頂きたいと思います。

そして、呼吸法はかなり効きます。最初、いろんなところが苦しくなりますが、それは身体の悪いところが浮き上がっている状態です。力を抜いて滞りをなくしてもう一度やってみるとどんどん楽になってきます。一度どんなものか試しに来てみてください。

次回のテーマは、目の疲れの予防・首肩のコリ解消法についてです。
開催日は毎月第一日曜日、来月は9月6日10時から12時半までです。
1週間前までに予約されたら2,000円、それ以降は4,500円となります。


10月は「ぎっくり腰対処法、慢性腰痛解消法」
11月は「アンチエイジング、肌の健康法」です。