脊柱管狭窄症手術後の症状

Q:

はじめまして。
父(67才)が脊柱管狭窄症の手術をしてからも中々症状が

改善へ向かわず、さまざまな病院を検索して、

やわらぎ江坂治療院様へたどり着きました。

西洋医学だけに頼らず、カイロや、整体、鍼灸や漢方様々な

世界に道を見出して行きたいと探してまいりました。


父は、去年3月末に脊柱管狭窄症の手術を受け、骨のとがっている部分をけずり、しっかり歩けるようになるものと信じてまいりましたが、残念ながら完全に回復には至らず、現在は痛みも増してしまい痛みを庇って歩くため、体が片方へ傾いてしまうような状態です。


また、重いものも持てず、ノルディックウォークの杖をついて

毎日歩いています。

病院へ行くと「老化」だと言われ、これ以上どのようにしたら

いいかわからず、過ごしてまいりました。

大事な父です。

前のように完璧にとはいかずとも、痛みがなく、いきいきと

歩けるように・・と願っております。


先生のところでは、脊柱管狭窄症などの患者でも大丈夫

でしょうか?よろしくお願いいたします。

A:

お問合わせいただきありがとうございます。
脊柱管狭窄症で手術後にもかかわらず、もう2年近くも

苦しんでおられるのですね。大変心配だと思います。

 

そして、きちんと治療をすれば必ず良くなる病気ですので

安心して頂きたいと思います。

下記に症例を紹介します。

初診10月4日 

太ももの後ろ側の痛み、足裏の痺れと腰痛がある。


2診目10月7日 

治療した日とその翌日は太ももの痛みが10→5になった。

(初診のときの状態を10とする)今は10→10になる。

                                       7診目10月23日 

昼間の痛みは大分ましになる。

夕方になると車の乗り降りで痛みが増す。 

 

9診目11月1日 

車で腰を捻ったときに痛みがでる。足にひびくことがある。

            

11診目11月7日 

以前より痛みが出る頻度が10→6になる。長い距離を歩けるようになった。以前の太ももの痛みは左が強かったが、最近は右のほうが痛みが強くなる。

          

13診目11月15日 

前回の治療後からだいぶ痛みがなくなる。痛みは10→4程度できつい痛みが無くなった。立ったり座ったりするのがかなり楽になった。                     

 

15診目11月22日 前回よりも痛みがましになる。10→2になる。車の乗り降りが楽になる。  

 

18診目12月16日 

朝になると腰がこわばる。冷えると太ももの裏に痛みがでるが、今は出ていない。


この方は、腰椎のヘルニアと脊柱管狭窄症を併発している方
でした。
私の考えでは、脊柱管狭窄症とは、腰部から下に症状が出てくる病気ですが、実は、原因は肩甲骨の脊椎間にあると考えています。西洋医学とは異なる診方をしているのですが、実はたった2カ月で改善させることが可能なのです。
今は、予防的に通院されていらっしゃいます。

この方は、治療に来られるまでの日が1ケ月と短くこのように
短期間で改善されたのだと思われます。

お父様の症状を良く診させていただき、最短で改善する方法で
治療させていただきます。
 
また、ご自分で出来る養生法などをお伝えしたいと思います。
火曜・日曜定休

日/祝
10:00~13:00 × 初診
祝日△
16:00~20:00 ×

初診

のみ

15時

まで

 

祝日は お電話 でお確かめください。

 

 

 

 

 

 

 

やわらぎ江坂治療院  

地下鉄御堂筋線江坂駅徒歩2分  

大阪府吹田市江の木町2-5江坂グランドハイツ北108

電話番号 06-6192-5515

営業時間 定休日 日祝火(木曜日午後は初診のみOK) 

10時から13時、16時から20時まで(土曜日は15時まで)